2008年8月15日金曜日

祖国解放記念日 - 反日戦歌

http://wsdprk.exblog.jp/7399404/から移植した投稿)

本日8月15日は祖国解放記念日、光復の日です。暑いので、不朽の古典的名作「反日戦歌」でも聴きながら、イルチェノムども背筋も凍るような蛮行を思い起こして涼を得るとしましょうか。
反日戦歌 歌詞日本語訳

日帝野郎どもの蹄の音はいよいよ騒々しく
錦繍江山の我が祖国を踏みつけながら
殺人、放火、搾取、掠奪、屠殺の蛮行
数千万の我ら群衆を蹂躙する

私の父母 君の兄弟 あなたの妻子
奴らの銃剣の先に血を流したよ
私の家と君の畑は奴らの手に
灰の山と荒れ地に変わってしまったよ

起ち上がれ 団結せよ 労働大衆よ
固い決心を変えることなく戦って行こう
赤旗の下に白色テロを覆い尽くして
勝利の凱歌高く 万歳を叫ぼう
こんな感じです。"-하노나"とか"-고나"とかよくわからないので(一応辞書は参考にしましたが)適当です。私は何年も辞書と歌詞カードを突き合わせながら朝鮮音楽を聴いているうちにほんのちょっとだけ朝鮮語が解るようになってきたというだけで、ちゃんと学習したことがない。にも関わらず、厚かましくもこんなサイトを立ち上げて歌詞の拙訳を全宇宙に発信しております。藪医者ならぬ藪翻訳者です。いつかはまともに勉強したいのですが・・・。ですから訳は正確でない箇所があるかも知れませんので、誤訳その他お気づきの点がありましたらご指摘いただければ幸いです。

では皆さん、次の放送時間までごきげんよう。こちらは平壌です。


▲東京・駒沢競技場、『朝鮮画報』1972年8月臨時増刊号より

0 件のコメント :

コメントを投稿

 
(^q^)