2009年2月16日月曜日

2.16慶祝特集(1) - 我らの将軍様を仰ごう

http://wsdprk.exblog.jp/7962344/から移植した投稿。移したついでに訳詞を一部修正)

本日2月16日は民族最大の名節、偉大な領導者 金正日 同志の御誕生日白頭山の光明星が現れてからはや67年、社会主義朝鮮は偉大な先軍政治のもと、伝説の桃源郷へと変貌した。

▲『朝鮮画報』1995年2月号より

さて、今日お送りするのは、人民芸術家チョン・グォン作曲、詩人リュ・ドンホ作詞の「我らの将軍様を仰ごう」だ。実はこの歌の歌詞和訳は「John's Home Page about Korea」という老舗サイトに既に掲載されているのだが、虫食い状態で「工事中」となったまま、ここ6年ほど更新されていない。しかしこのサイトは私が朝鮮音楽の世界へと足を踏み入れる切っ掛けとなった場所なので、この特別な日に、敬意を込めて訳詞を完成させてみようと思う。
我らの将軍様を仰ごう 歌詞日本語訳

将軍様が大きな仕事を構想すれば
千万人民 奮い立ち 花開かせる
ああ 将軍様が壁を打ち鳴らせば
一心団結の威力で 山河を轟かそう

将軍様が手を挙げて指差せば
天地を響もす奇跡が湧き起こる
ああ 将軍様が雷を落とせば
百戦百勝の翼を広げ 稲妻となって走ろう

将軍様が人民を領導し
社会主義の未来は美しい
ああ 将軍様 陽射しとなって
人民のこの世を永遠に輝かそう

歌詞が素晴らしい。これでこそ朝鮮音楽、これでこそ普天堡電子楽団、と言えるような名作である。
(mp3はあとでうpします)



ところで、歌詞中で少し気になったのが1節後半の「아 장군님 벽을 울리시면 일심단결 위력으로 강산을 울리자(ああ 将軍様が壁を打ち鳴らせば 一心団結の威力で 山河を轟かそう)」という部分。John's Home Page様の訳でも「…」になっているが、(ピョグ)はやはり「壁」以外に無さそう。それで、色々調べてみたところ朝鮮語の諺に「벽을 치면 대들보가 울린다(壁を打てば大梁<おおばり>が鳴る)」というのがあって、「以心伝心」というような意味らしい。だから、「将軍様が壁を~」の部分はこの諺が下敷きになっているのではないか、と私は推測するのだが、いかがだろうか。朝鮮語の堪能な方に訊いてみたいところだ。


▲白頭山天池(ネナラより)

慶祝特集、mp3うpへと続く・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿

 
(^q^)