2010年5月5日水曜日

われらの銃剣の上に平和がある

リ・ジョンオ作曲の「われらの銃剣の上に平和がある」(1993年創作)。
われらの銃剣の上に平和がある 歌詞和訳

侵略の大軍が攻め寄せようとも
われらは勇敢に打ち破らん
将軍様の命令 胸に抱き
滅敵の銃剣を握る
平和がいくら貴くとも
絶対にそれを乞うことはしまい
我らの銃剣の上に 我らの銃剣の上に
平和が 平和がある

平和を真に愛すゆえ
われらは命をも捧げん
将軍様に従い 千万が団結し
復讐の銃剣を握る
平和がいくら貴くとも
絶対にそれを乞うことはしまい
われらの銃剣の上に 我らの銃剣の上に
平和が 平和がある

平和がいくら貴くとも
絶対にそれを乞うことはしまい
われらの銃剣の上に 我らの銃剣の上に
平和が 平和がある
구걸 (求乞)」とは「物乞い」のことですが、ここでは「平和を乞う」ことを意味している思われるのでこのように訳してみました。



朝鮮を取り巻く国際情勢を考えると「平和がいくら貴くとも 絶対にそれを乞うことはしまい」という歌詞のインパクトがいっそう引き立ちます。このただならぬ悲壮感… 



====================
2011/11/19 ちょっと修正

1 件のコメント :

  1. 革命の首脳部2010年5月5日 16:41

    訳乙です。この歌は歌詞が素晴らしいです。特に平和ボケした平成の日本国民に聞いて欲しいものです。

    まあ将軍様の国の場合自ら平和を乱してますけど。

    返信削除

 
(^q^)