2011年6月4日土曜日

南朝鮮軍歌「本物の男」

たまには南朝鮮軍歌でも訳してみようかと。「本物の男」という歌です。この歌を大久保の南朝鮮式カラオケ店でこの歌を歌ったのですが、かなり歌いやすかったです。歌詞も覚えやすいし。
本物の男 歌詞日本語訳

男と 生まれて なすべきことは多いが
お前と俺は 国を守る 栄光に生きた
戦闘と 戦闘のなかで 結ばれた戦友なのだ
山の峰に 日が昇り 日が落ちるとき
父母兄弟は 俺を信じて 枕を高くする

口先だけ 大きいことを言うのが 男だろうか
お前と俺は 民族を守る 決心に生きた
訓練と 訓練のなかで 結ばれた戦友なのだ
国軍勇士の 誇りを 胸に抱き
ふるさとに 帰るときは 郷土の勇士だ

上辺だけ 威張るのが 男だろうか
お前と俺は 本物の男の 名誉に生きた
かっこいい 軍服を着て 休暇に行った戦友なのだ
新しい 国を築く 兄弟たちに
新しくなった 俺たちの暮らしを 知らせて来るぞ

사나이라드냐」は普通「-이더냐」って書くアレだと思うんですけど、違ったらすみません、文法力が無いとこういうとき辛い…

농군」は漢字では「農軍」と書き、本来は「農民」の意味ですが、ここでは「郷土」と訳しました。こういう歌詞があるってことは、韓国が工業化される前の歌なのかなー。






====================
2011/07/19 訳を少し修正

0 件のコメント :

コメントを投稿

 
(^q^)