2014年2月27日木曜日

わたしは考える (나는 생각해)

わたしは考える
나는 생각해
1992年創作, 김정훈作詞, 우정희作曲
あかり灯る 窓辺にて わたしは考える
幸福は どこから来るものなのか
すると今宵も わたしの心のなかに
党中央のともしび 浮かび上がる
そのともしび 仰ぎ見て わたしは考える
幸福は どこから来るものなのか

あかり灯る 窓辺にて わたしは考える
幸福は どうやって来るものなのか
すると 指導の 歩みが残った
農場の道 牧場の道に 思い至る
その歩み 心に刻んで わたしは考える
幸福は どうやって来るものなのか

夜が 深まるにつれ わたしは考える
尽きないわたしの幸福 終わりはどこか
わが党の懐で はじまった幸福
いつもその終わりは わからない
夜が 深まるにつれ わたしは考える
恵み深いその懐 永遠に慕おう
永遠に慕おう
불밝은 창가에서 나는 생각해
행복이 어디서 오는것인지
그러면 이밤도 내 마음속에
당중앙 불빛이 어려오네
그 불빛 우러르며 나는 생각해
행복이 어디서 오는것인지

불밝은 창가에서 나는 생각해
행복이 어떻게 오는것인지
그러면 향도의 자욱이 어린
농장길 막장길 안겨오네
그 자욱 간직하며 나는 생각해
행복이 어떻게 오는것인지

이밤이 깊을수록 나는 생각해
커가는 내 행복의 끝은 어딘지
우리 당 품에서 시작된 행복
언제나 그 끝은 알수 없네
이밤이 깊을수록 나는 생각해
고마운 그 품을 영원히 따르리
영원히 따르리

よく朝鮮中央テレビで翌日の番組案内の前に流れる曲です。

■動画

0 件のコメント :

コメントを投稿

 
(^q^)