2014年3月22日土曜日

祖国のふところ (조국의 품)

祖国のふところ
조국의 품
不朽の古典的名作
牡丹峰に 赤く燃える
朝焼けのようです
大同江に 美しく映える
虹のようです
朝焼けのごとく うるわしい
祖国のふところは
わたしが育った いとしい家
故郷なのです

ツツジが にっこり笑う
早春のようです
ヒバリが さえずる
空のようです
春の日のごとく あたたかい
祖国のふところは
わたしを抱き 育てた
故郷なのです

海上に ふわりと浮かぶ
朝日のようです
夜空に またたく
星あかりのようです
太陽のように 明るい
祖国のふところは
父なる 将軍様の
ふところなのです
모란봉에 붉게 타는
노을인가요
대동강에 곱게 비낀
무지갠가요
노을처럼 아름다운
조국의 품은
내가 자란 정든 집
고향입니다

진달래꽃 방긋 웃는
새봄인가요
종달새가 지저귀는
하늘인가요
봄날처럼 따사로운
조국의 품은
나를 안아 키워 준
어머닙니다

바다우에 둥실 솟는
아침핸가요
밤하늘에 반짝이는
별빛인가요
해빛처럼 밝고 밝은
조국의 품은
아버지장군님
품이랍니다
■歌詞について

金正日総書記が金日成主席をうたった歌ですので、ここでいう「将軍様 (장군님)」とはもちろん金日成主席のこと。

■解説

金正日総書記が朝鮮戦争中の1952年夏ごろ創作した歌。当時10歳の総書記が、前線で戦闘を指揮する父・金日成主席に付き添うなかで作りました。以下、『金正日略伝』から引用します。
 正日少年は作戦台の前で一晩中眠らずに作戦を練る父につきそって、戦況を見きわめ、敵の企図を砕く方法や攻撃、包囲掃滅の 方法、対空、対戦車戦の方法など、父の卓抜な用兵術と革命的楽 観主義、果敢な攻撃精神、不屈の意志、無比の胆力と軍事的手腕を一つひとつ体得していった。そして父にしたがって砲煙にけむ る人民軍各部隊の火力陣地や岩水の滴る坑道工事現場にも入り、 敵機の猛爆で燃えあがる平壌の市街や農村もつぶさに見た。こうして前線と後方の区別もない苛烈な戦争を体験する過程で、父の卓越した指導によって戦争の勝利と明日の繁栄が約束されていることを感得した。
 正日少年は、こうした日々に体得した信念と意志をこめた歌『祖国のふところ』 を創作した。
なお金正日総書記は、この「祖国のふところ」に続いて「祝福の歌」という歌も作っています。


■動画

0 件のコメント :

コメントを投稿

 
(^q^)