2014年4月16日水曜日

タンスメこと「一気に (단숨에)」

だいぶイマサラ感がありますが、タンスメを訳しました。
一気に
단숨에
2009年創作, 윤두근作詞, 황진영作曲
訓練場に立った兵士は
「一気に」という言葉を愛す
一歩ごと その言葉を響かせて
燃えたぎる武勇を育む
山を越えるのも 一気に
川を渡るのも 一気に
稲妻のごとく炎がピカッと 一気に
一気に 一気に 一気に

あの空を翔る隼たちも
青い波を乗りこえる海兵も
「一気に」 その言葉を響かせ
滅敵の闘志を育む
打撃目標も 一気に
敵艦突入も 一気に
稲妻のごとく炎がピカッと 一気に
一気に 一気に 一気に

白頭の霊将に倣う兵士たち
その気性を翼として広げる
来たるべき最終決戦も
われらは同じく 一気にやるぞ
偉勲を立てるのも 一気に
勝利を見せつけるのも 一気に
稲妻のごとく炎がピカッと 一気に
一気に 一気に 一気に
훈련장에 나선 병사는
단숨에란 말을 사랑해
걸음마다 그 말 울리며
펄펄나는 용맹 키우네
산을 넘어도 단숨에
강을 건너도 단숨에
번개같이 불이 번쩍 단숨에
단숨에 단숨에 단숨에

저 하늘을 나는 매들도
푸른 파도 헤치는 해병도
단숨에란 이 말 울리며
멸적의 투지 키우네
타격목표도 단숨에
적함돌입도 단숨에
번개같이 불이 번쩍 단숨에
단숨에 단숨에 단숨에

백두령장 닮은 병사들
그 기상을 나래로 폈네
이제 남은 최후결전도
우리 또한 단숨에 하리
위훈 세워도 단숨에
승리 떨쳐도 단숨에
번개같이 불이 번쩍 단숨에
단숨에 단숨에 단숨에

■歌詞について

펄펄나는 - 朝鮮音楽だと《펄펄》は「ひらひら(旗などがなびく様子)」の意味で用いる場合が多いですが、それ以外にも「ぐらぐらと(湯が煮えたぎる様子)」や「かっかと(熱をもっている様子)」の意味もあるそうです。


■解説
 音楽において主体性を確立するからといって、外国のものを頭から無視し、排斥してはならない。わが国の音楽を早く発展させるためには、外国の音楽からもすぐれたものは大いに取り入れなければならない。
金正日
もともと普天堡電子楽団が2009年に発表した曲。しかし、「タンスメ!」の掛け声とともにこの曲の名を知らしめたのは牡丹峰楽団です。ストリングカルテットを中心に据えた牡丹峰楽団の「タンスメ」は、同楽団の代表曲であるとともに、同楽団の方向性を鮮明にした曲でもあります。

ところで、牡丹峰の「タンスメ」はbondの "Viva!" との類似性が指摘されています。bondは2000年にイギリスで結成されたバンドで、女性4人によるストリングカルテットです(ただ、牡丹峰と違ってbondはアコースティックな弦楽器で演奏することもあるようです)。リンク先のライブ映像を見る限り、「タンスメ」が、そして牡丹峰楽団のコンセプト自体がbondから大きな示唆を受けていることは間違いないように思います。ざっくり言うと、普天堡とbondを足して2で割ったのが牡丹峰って感じですかね。ただ、これをパクりだとかなんとか言うつもりは毛頭なく、むしろこんなものまでチェックしてる朝鮮の音楽関係者はすごいなーっていう話です。

■動画



2014年4月7日月曜日

白頭の行軍路、継いでゆかん (백두의 행군길 이어가리라)

金正日総書記が金日成総合大学在学中の1962年8月29日、オウンドン軍事野営で作った詩をもとにした歌です。
白頭の行軍路、継いでゆかん
백두의 행군길 이어가리라
不朽の古典的名作(설명순作曲)
銃剣きらめかせ 山頂に登れば
滅敵の強き力 全身にみなぎる
未来を花咲かせる 血たぎる胸に
駆けゆく未来が 波のごとく寄せる

千万の軍隊 導き 険山峻嶺 越えゆき
白頭の行軍を まっすぐ継いでゆかん
侵略者 米帝を この地から叩き出し
統一された祖国を この胸で抱こう

三千里の山河を 楽園として花咲かせ
朝鮮の栄光を 全世界に見せつけん
どんな敵も 手出しできないよう
わが祖国 永遠に 守ってゆかん
총창을 비껴들고 산정에 오르니
멸적의 장수힘 온몸에 넘친다
미래를 꽃피울 피끓는 가슴에
달려갈 앞길이 파도쳐 밀려온다

천만대군 이끌고 험산준령 넘고넘어
백두의 행군길을 곧바로 이어가리
침략자 미제를 이 땅에서 내몰고
통일된 조국을 한품에 안으리라

3천리강산을 락원으로 꽃피워
조선의 영광을 온 누리에 떨치리
그 어떤 원쑤도 다치지 못하게
내 조국 영원히 지켜가리라
■動画

2014年4月4日金曜日

われらの首領様 (우리 수령님)

われらの首領様
우리 수령님
1989年創作, 리종률作詞, 엄하진作曲
朝に 雨が降ろうと
人民を 訪ねられ
夜深く 雪が降ろうと
国じゅうに手を尽くされる
首領様 もっとよい日に
来られれば いいものを
来た道を また来られ
愛ばかり施してくださる

来られれば われらの手を
いとしげに 握ってくれ
素朴な われらの話も
大事そうに 聞いてくれる
父なる その愛より
羨むものなど ないのに
くださる愛 足りないかのように
愛の道を 歩み続ける

父なる その心の内には
いつでも 人民がいて
人民の ための道に
喜びを求めていらっしゃる
首領様の 一生の労苦
息をつけば よいものを
共産主義の その日まで
われらを 導いてくださる
아침에 비내려도
인민을 찾으시고
깊은밤 눈내려도
온나라 돌보시네
수령님 좋은날에
오시여도 되시련만
오신길 또 오시여
사랑만 베푸시네

오시면 우리손을
정답게 잡으시고
소박한 우리말도
귀중히 들으시네
어버이 그 사랑에
부러운것 없건만은
주신 사랑 적으신듯
사랑의 길 이으시네

어버이 마음속엔
언제나 인민 있고
인민을 위한길에
기쁨을 찾으시네
수령님 평생로고
푸셨으면 좋으련만
공산주의 그날까지
우릴 모두 이끄시네
■動画

2014年4月3日木曜日

われらの金正日同志 (우리의 김정일동지)

わたしが朝鮮音楽を好きになったきっかけの曲。もともと普天堡の曲ですが、功勲版のほうが気に入ってます。
われらの金正日同志
우리의 김정일동지
1994年創作, 류동호作詞, 황진영作曲
幸福な わが国の ひとつ屋根のもと
睦まじい 大家庭を築いてくれた
人民を肉親のごとく 育ててくれた方
その方は われらの金正日同志

いつでも聡明な 人民だとおっしゃり
素朴な彼らの思いも 政策に込める
人民を 先生と 呼んでくださる方
その先生の師匠は 金正日同志

人民を熱烈に 愛してくださり
一生を人民のため 尽くしてくれる
人民を 天のごとく 信じてくれ方
その天の太陽は 金正日同志
행복한 내 나라 한지붕아래
화목한 대가정을 꾸려주셨네
인민을 친형제로 키워주신분
그이는 우리의 김정일동지

언제나 슬기론 인민이라고
소박한 그 생각도 정책에 담네
인민을 선생으로 부르시는분
그 선생의 스승은 김정일동지

인민을 열렬히 사랑하시며
한평생 인민위해 복무하시네
인민을 하늘처럼 믿으시는분
그 하늘의 태양은 김정일동지
■動画


 
(^q^)