2014年12月15日月曜日

帰国同胞歓迎曲 (귀곡동포환영곡)

帰国事業についての歌。作詞・作曲はあの「愛国歌」の同じコンビです。
帰国同胞歓迎曲
귀곡동포환영곡
1959年創作, 朴世永作詞, 金元均作曲
夢路にも忘れられなかった 在日同胞よ
つらい異国暮らしは はや幾とせか
共和国公民となった 栄誉を抱き
燃えるように いとしい 母なる祖国
社会主義の楽園の 広き懐に
あなたたちを暖かく 迎えるのだ

早く来たれ 同胞たち 兄弟姉妹よ
差別も餓えも 過去のものだ
日が昇る東海も われらの心のごとく
帰国船のゆく道に 花を振りまく
社会主義の楽園の 広き懐に
あなたたちを暖かく 迎えるのだ

希望のままに 花と咲け 在日同胞よ
幸福の実の 分け前を 早くもらうのだ
党が築いた地上の楽園 手招いている
輝かしい世の中で 翼を広げよう
社会主義の楽園の 広き懐に
あなたたちを暖かく 迎えるのだ
오매에도 못잊던 재일동포여
쓰라린 이국살이 몇해였던가
공화국의 공민된 영예를 안고
불타게 그리던 어머니조국
사회주의락원은 넓은 품으로
그대들을 따뜻하게 맞아들인다

어서 오라 동포들 형제자매여
천대와 굶주림도 지난 일이다
해 돋는 동해도 우리 맘처럼
귀국선 오는 길에 꽃을 뿌린다
사회주의락원은 넓은 품으로
그대들을 따뜻하게 맞아들인다

희망대로 꽃 피라 재일동포여
행복의 열매들을 어서 와 논자
당이 펼친 지상락원 손 저 부르니
눈 부신 세상에서 나래를 퍼자
사회주의락원은 넓은 품으로
그대들을 따뜻하게 맞아들인다
■動画

0 件のコメント :

コメントを投稿

 
(^q^)