2010年3月9日火曜日

飛行士の歌


YouTubeはちょっと休止して、今日はアン・ジョンホ作曲の「飛行士の歌」を取り上げよう。
飛行士の歌 歌詞和訳

出撃だ 出撃だ
我が隼たちよ
祖国の青空を 守って飛ぼう
我らは将軍様の赤い飛行隊
この空は我らの決戦場だ
我らの翼の上には太陽があって
我らの翼の下には平壌がある

見守る 見守る
澄んだ瞳
愛する人民たちが 我らを信じる
命よりも尊い我が祖国のため
滅敵の強き翼を広げて行こう
我らの翼の上には太陽があって
我らの翼の下には平壌がある

あまがけよう あまがけよう
不死鳥となって
将軍様に仕え 祖国を守ろう
我が祖国に敵が襲いかかってくれば
天下分け目の決戦に この身を捧げよう
我らの翼の上には太陽があって
我らの翼の下には平壌がある

我らの翼の上には太陽があって
我らの翼の下には平壌がある


  • 飛行士の歌 - mediafire
    普天堡電子楽団第65集より。歌、尹惠英


」はNAVER日本語辞典によると「(1)タカ (2)ハヤブサ」 とのこと。平壌外国文図書出版社の『朝日小辞典』には単に「タカ」とありました。しかし『明鏡国語辞典』によると「タカ」とは「タカ科の鳥のうち中・小形のものの総称」であってそれにはハヤブサも含まれるらしく、やっぱり戦闘機と言ったらタカというよりはハヤブサだろうということで「我が隼たちよ」と訳しました。

판가리」は北特有の言い回とのことで「天下分け目の…」などという日本語臭い訳語を当てるのはちょっと抵抗がありましたが、なんとなくこうなってしまいました。ちなみに『朝日小辞典』には「勝敗を決すること」とあります。そういえば似たようなフレーズが日帝軍歌にあったな… 「空だ 空こそ 国懸けた 天下分け目の決戦場〜

どこの国でも航空関係の軍歌は名曲が多いですね。山田耕筰作曲の「燃ゆる大空」は日帝軍歌の最高傑作の一つだと思います。降魔の翼よ〜

5 件のコメント :

  1. 文句が似ているのは多分日本軍歌のパクリだからでしょうね。

    遊撃隊行進曲もハイカラ節のパクリですし。

    返信削除
  2. 「飛行士の歌」はさすがに1990年代の歌なのでわかりませんが、1945年以前の“革命歌謡”の類は「敵は幾万」「日本海軍」「アムール河の流血や」「鉄道唱歌」など日本の歌からの流用がかなりありますね。
    http://www5d.biglobe.ne.jp/~sak/gakusiki/204f.htm

    返信削除
  3. お久しぶりです。
    この歌について、ちょっと疑問に思ったのですが、所有しているCDによって作詞が変わっているんですよ。
    功勲国家合唱団のCDには「共和国英雄 キル・ヨンジョ」とありますし(実際、当HPでもそうですね)ポチョンボ版だと「リュ・ドンホ」になってるんですよね。
    これってどっちが正解なんでしょう?

    返信削除
  4. お初です。

    いつもコメントはしていませんが更新楽しみにしています。

    誠に勝手なお願いですが「우린 승리자」(我らは勝利者)の朝鮮語歌詞を教えていただけますか?
    翻訳は自分で出来るので朝鮮語歌詞を教えていただければいいんです。 

    返信削除
  5. お返事遅くなりまして申し訳ありません。

    千里馬様:
    なるほどそれは気付きませんでした。
    キル・ヨンジョが作ったと見せかけて実はリュ・ドンホがゴーストライター、ということなんでしょうか。
    キル・ヨンジョと「飛行士の歌」についてはここに少し書いてあります↓
    http://www.uriminzokkiri.com/Newspaper/doso/books/htm/2009-03-12-music/htm/31.htm

    匿名様:
    どうぞ。
    http://wsdprk.blogspot.com/2010/03/blog-post_21.html

    返信削除

 
(^q^)