2011年1月31日月曜日

少年パルチザンの歌

少年パルチザンの歌」は、この資料によると1951年の映画音楽なんだそうです。戦時歌謡ですね。
少年パルチザンの歌  歌詞日本語訳

山に野に 花が咲き ヒバリが歌っていた
生まれ育った ぼくらの村を見よう
深夜の闇に うめき声が響く
ああ 小さな心臓に 赤き血がたぎり
進み出たのだ 戦いの道に
故郷のため

緑の丘に登って 楽しく学んだ
誇らしい ぼくらの村を見よう
焼け跡の壁には 仲間の血がにじんでいる
ああ 小さな胸に 憎悪の火がともり
進み出たのだ 復讐の道に
仲間たちのため

空は青く 水は清き ぼくらの祖国から
血に飢えた侵略者を 残らず叩き出そう
父母兄弟の血痕は ぼくらを見て叫ぶ
ああ 小さな肩に 復讐の銃を担いで
進み出たのだ 勝利の道に
祖国のため
산에들에 꽃이피여 종달새 노래하던
나서자란 우리들의 마을을 보아라
깊은밤 어둠속에 신음소리 흐른다
아... 나어린 심장에 붉은 피는 끓어
나섰다 싸움의 길로
고향을 위하여

푸른언덕 올라서서 배움에 즐겁던
자랑스런 우리들의 마을을 보아라
타다남은 담벽에 동무의 피 어려있다
아... 나어린 가슴에 증오의 불은 일어
나섰다 북수의 길로
동무를 위하여

하늘 푸르고 시내맑은 우리 조국땅에서
피에 주린 침략자 모조리 쳐부시자
부모형제 피자국은 우릴 보고웨친다
아... 나어린 어깨에 북수의 총을 메고
나섰다 승리의 길로
조국을 위하여
나어린」の訳は「少年団行進曲」のときにも迷ったのですが、「幼い」よりも「小さい」の方がしっくり来るような気がするので、そうしました。ちなみに、Naver国語辞典によると、「나어리다」というのは「나이가 어리다」から来ているらしいです。

동무(トンム)」の訳も、いつも迷うんですよねぇ。今回は「仲間」としました。

「父母兄弟の血痕は ぼくらを見て叫ぶ」は「父母兄弟の血痕 ぼくら見て叫ぶ」の間違いかとも思いましたが、歌を聴く限り「부모형제 피자국은 우릴 보고웨친다」と言っているので、「父母兄弟の血痕 ぼくら見て叫ぶ」で間違いなさそうです。

mp3あげときますね。

  • 少年パルチザンの歌 - mediafire
    拾い物。どこで拾ったかは忘れた。普天堡電子楽団、歌は全惠英。


映画「少年パルチザン」の内容が気になりますね。まあ、たぶんこの歌の歌詞通りの話しなんでしょうが。


====================
2012/10/25 朝鮮語歌詞を追加

0 件のコメント :

コメントを投稿

 
(^q^)