2011年8月16日火曜日

誇りに満ちた海路

暑いので、さわやかな歌を。「誇りに満ちた海路」。キム・ボギュン作曲、チュ・ジェウク作詞、1955年創作(1995年の間違いではありません)。
誇りに満ちた海路 歌詞日本語訳

雲わく海を 船たちが走る
魚群うずまく 蒼茫たる海を
走れよ走れ 走れよ走れ 蒼波を切って
朝焼けに照らされたマストに 旗をなびかせて
ああ 歌にあふれる すがすがしい海の路は
われらの幸せを 縫いとってゆく路

霧が立つ入り江を 船たちが走る
カモメ飛び交う 優しい入り江を
走れよ走れ 走れよ走れ 海風を切って
陽射しに照らされたマストに 大漁旗なびかせて
ああ 歌にあふれる すがすがしい海の路は
われらの幸せを 縫いとってゆく路

ご覧のとおり、歌詞には政治や思想に関係する言及が全くありません。1955年にはこういう歌がまだあったんですね。

「われらの幸せを 縫いとってゆく路」というのは、蒼い海に描かれる白い船跡を刺繍に見立てた表現かもしれません。

mp3もあります。

  • 誇りに満ちた海路 - mediafire
    普天堡電子楽団第89集より。歌は金光淑、李粉姫。編曲は人民芸術家チョン・グォン。1955年の歌をここまで新鮮に「再形象」したのはすごいと思う。


2 件のコメント :

  1. 西洋軍歌蒐集館http://gunka.sakura.ne.jp/で紹介されていますよ。
    朝鮮音楽という共通の趣味を持つ人が増えるのは嬉しいですね。

    返信削除
  2. おおおお!これはこれは光栄だ。
    教えてくださってありがとうございます。

    返信削除

 
(^q^)